なんだか男心をくすぐるこの使用感…バキバキって表現というかカピカピと言うか。長年の使用で革もひび割れソールもぼろぼろ。
FullSizeRender
いい感じの使用感です。






FullSizeRender
アレンエドモンズはアメリカの靴らしい武骨なシルエットです。オバマさんは履かなかったらしいですが、アメリカの大統領就任演説やホワイトハウス初登庁時にはアレンエドモンズを履く?という習慣もあるくらい多くのアメリカ人に親しまれる老舗の靴メーカーさんです👞







FullSizeRender
で、ばらしまーす笑 仕事しまーす。








FullSizeRender
クッション材としてのコルクもヘロヘロです。こりゃ履き心地にも影響する事でしょう。







FullSizeRender
古いコルクを取り除きました。これから新しいコルクに入れ替えます。







FullSizeRender
アレンエドモンズはヒールにプレートを入れるだけのちょっと変わった作りの靴です。シャンクと呼ばれるアーチを支えるための鉄板は省略されています。







FullSizeRender
また…けっこう飛んでしまったな。ソールを貼ってからの細かな作業は撮り忘れました。完成です!







FullSizeRender
アレンエドモンズのようにグッドイヤー製法の靴に関しては、中のコルク材や革底とも複数回にわたり交換が可能となっています。経年劣化によるヒビ割れや傷なんかも含めて愛着を持って使い続けるって、やっぱ武骨でカッコいいです。ヒビ割れも口が開いてきたらパッチによる修理が可能です!お気軽にご相談ください。